ジュエリー・コーディネート, ビジネスシーン, イヤリング・ビアス

面長顔の人がビジネスシーンでつけるべきピアス・イヤリング

ビジネスシーンで面長顔の人にあうピアス・イヤリングはどのようなデザインでしょうか。当ショップは、柔らかさを感じさせるデザインのピアス・イヤリングをおすすめします。なぜならば、そのようなデザインのジュエリーを着用することで、面長顔の大人っぽいイメージは残しつつ、偏ることのないバランス感覚をアピールでき、ビジネスにおいて相手からの信頼感をいっそう高めることができるからです。

般的には、面長顔の顔だちを『強調』したい場合はドロップ型(細長い華奢なもの)、『補正』したい場合は大きすぎないフープ型や丸みのあるスタッド(ボタン)型のピアス・イヤリングが似合うと言われています。しかし、ビジネスシーンでは「ビジネスシーンにふさわしい」という条件もクリアしなければなりません。1cm四方(職場によっては5mm四方)を超える大きさになると目立ち過ぎますし、電話の邪魔になるなど仕事の効率を下げる要因になりかねません。また、ドロップ型は小さいものでも頭を動かすたびに揺れます。動くものは相手の集中力をそぐことにもなりますので、ビジネスシーンにはふさわしくありません。
 
れらを踏まえた上で、柔らかさを感じさせるデザインを具体的に考えます。当ショップでは、スタイリングを考えるときの指標として、ラインと装飾を2軸とした次の図のようなデザインスケールを採用しています(デザインスケールについては、こちらご参照ください)。ビジネスシーンでは、エレガントでシックなテイスト(中央部分)が基本です。偏ることのないバランス感覚は、知的・洗練・上品さを感じさせ、相手からの信頼につながります。
デザインスケール上の面長顔言語イメージ領域
 
面長顔のテイストは、上記のデザインスケールの赤丸部分、「シャープ」「クール」と「重厚」「がっしり」と「エレガント」「シック」にまたがった領域になりますので、「曲線」を加えて全体のバランスをさらにエレガント・シックに寄せると良いでしょう。『補正』方向で似合うとされる、大きすぎないフープ型や丸みのあるスタッド(ボタン)型もこれに該当します。しかし、すでにエレガント・シックのテイストを持っているので、丸顔・逆三角形顔・四角顔と比べ補正の必要性は低く、むしろ見せたいイメージによってピアス・イヤリングを選ぶと良いでしょう。例えば、営業職なのでシャープにみせたい場合に逆三角形のスタッド型、責任者なので重厚さが欲しい場合に四角形や多角形のスタッド型を選ぶなどです。この場合、角が丸いなどの細部で柔らかさ(曲線)を加えましょう。

 
面長顔の人にあうイヤリング・ビアス
ジネスシーンで着けられるピアス・イヤリングは小さいですが、顔に近いため印象に残りやすいものです。面長顔の大人っぽいイメージは残しつつ、柔らかさを感じさせるデザインのピアス・イヤリングを加えることで、信頼感をいっそう高めましょう。

この投稿いかがでしたでしょうか?お気に召していただけましたら、下方にございますSNSボタンからシェア・いいね・フォローやコメントのご投稿をいただけますと大変うれしく思います。また、当ショップの Facebook ページでは、ビジネスシーンでのジュエリーコーディネートだけではなく、クーポンなどのお得な情報もあわせて掲載しております。画面最上部または最下部の [ ] のボタンから、是非、当ショップの Facebook ページをフォロー(いいね!)してください。
Another You は、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーを製作・販売しております。また、日本ジュエリー協会認定ジュエリーコーディネーター在籍店であり、様々な業界のお客様とのビジネス経験がございます。確かな知識と豊富なビジネス経験にもとづいて製作・販売している Another You のジュエリーを是非ご覧ください。
顔型別にあうジュエリーを見る
Another You の「特長」と「サービス」を見る

関連投稿

関連する投稿やこの他の投稿は上部の「BLOG」メニューなどからもご覧いただけます。
丸顔の人がビジネスシーンでつけるべきピアス・イヤリング
逆三角顔の人がビジネスシーンでつけるべきピアス・イヤリング
四角顔の人がビジネスシーンでつけるべきピアス・イヤリング
他の投稿

Business Scene Jewelry | Another You

公開コメントはありません。

最初のコメント投稿者になっていただけませんか?

よろしければ、コメントをお願いいたします。

ご記入後「送信する」ボタンを押していただき、エラーが表示されなければご投稿完了です。コメントの公開まで少々お時間をください。