ビジネスシーン

ビジネスシーンでジュエリーを身につける意味

金価格の高騰でジュエリーの価格は上昇しています。一方で洋服価格は低下しており、オーダースーツを10万円以下で作ることが出来るメーカーもあります。このコラムでは、ビジネスシーンのスーツとジュエリーにはどのような役割の違いがあるのか、ビジネスシーンでジュエリーを身につける意味は何かを考えます。

ちんとしたファッションは、相手への敬意を示すものです。しかし、ライバルも同じようにしてくるでしょう。その人ならではの要素がなければ、その場限りの印象で終わって相手の記憶に残らず、多くのライバルの中に埋没してしまいます。しかも、ただ単に目立てばよいのではなく、ビジネスチャンスにつながる印象でなければなりません。
 
ーツは、面積が広く相手の目に入りやすいので、印象を決める大切な要素の1つです。しかし、スーツは定型化され面積が広いため、却って他の人との違いを出しにくいでしょう。色や柄を個性的にしてしまうと、悪目立ちしてしまうからです。
 
そこで、質の高さに拘るのが一般的です。しかし、素材や技術が進化した現在、見た目だけで質の違いを判別することが難しくなっています。一方で、質の高さは着心地の良さにつながり、仕事のパフォーマンスを上げる要因になりえます。
 
スーツとジュエリー
ュエリーは、面積が小さく遅れて相手の目に入ります。しかし、ジュエリーにはスーツのような型がありませんので、どのようなジュエリーを選ぶかによってその人らしさが出しやすいでしょう。ジュエリーの持つ「知的・洗練・上品」というイメージも、良い印象の助けになります。小さいので、悪目立ちすることなく自分らしさを伝えることができ、相手は「この人はこのようなジュエリーを選ぶ人なのだ」と思うことでしょう。ジュエリーがあなた自身を物語り、そのような具体的な印象は相手の記憶に残りやすいものです。
また、ジュエリーは、万が一その場にふさわしくないと感じたらすぐに外すことが出来ますし、シーンに応じて付け替えることも簡単です。ですが、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーならば、毎日同じジュエリーを身につけても良いのです。毎日同じスーツを着ることはためらわれますが、ジュエリーならばごく普通に受け入れられます。むしろ、つける回数が増えるほどジュエリーが肌に馴染み、その人らしいアイテムになることでしょう。スーツは着れば着た分だけ消耗しますが、ジュエリーの消耗は少なく、きちんとメンテナンスしていれば長く使えます。
 
さらに、肌に直接触れるジュエリーは、身につけると背筋が伸びる、自信が持てるなど、スーツ以上に心強いパートナーとなります。そのような心持ちは態度となって現れ、相手に安心感を与えることでしょう。
 
ちんとしたスーツでビジネスパーソンとしての確かさを印象づけ、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーで自分らしさをプラスする。相手の記憶に残るジュエリー使いで、相手に選ばれる印象マネージメントを行い、ビジネスにお役立てください。
 
※画像中のブローチと指輪は、次のリンク先の商品です。 ブローチを見る  指輪を見る
この投稿いかがでしたでしょうか?お気に召していただけましたら、下方にございますSNSボタンからシェア・いいね・フォローやコメントのご投稿をいただけますと大変うれしく思います。また、当ショップの Facebook ページでは、ビジネスシーンでのジュエリーコーディネートだけではなく、クーポンなどのお得な情報もあわせて掲載しております。画面最上部または最下部の [ ] のボタンから、是非、当ショップの Facebook ページをフォロー(いいね!)してください。
Another You は、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーを製作・販売しております。また、日本ジュエリー協会認定ジュエリーコーディネーター在籍店であり、様々な業界のお客様とのビジネス経験がございます。確かな知識と豊富なビジネス経験にもとづいて製作・販売している Another You のジュエリーを是非ご覧ください。
Another You の「特長」と「サービス」を見る

関連投稿

関連する投稿やこの他の投稿は上部の「BLOG」メニューなどからもご覧いただけます。
ビジネスにおいてファッションが果たす役割とは
ビジネスシーンのジュエリーに必要なこと
ビジネスシーンに相応しいジュエリーのデザイン
他の投稿を見る

公開コメントはありません。

最初のコメント投稿者になっていただけませんか?

よろしければ、コメントをお願いいたします。

ご記入後「送信する」ボタンを押していただき、エラーが表示されなければご投稿完了です。コメントの公開まで少々お時間をください。