ビジネスシーン

ビジネスシーンのジュエリーは女性の味方

プライベートではジュエリーを着けて楽しんでいる女性も、ビジネスシーンとなるとジュエリーを着けないことが多いようです。しかし、ビジネスシーンでジュエリーを身に着けることで、「責任ある立場にふさわしいセンス」「その仕事にふさわしいセンス」を女性ならではの方法で効果的にアピールできます。それはなぜでしょうか。

ーツ姿の男性が2人いるとします。片方はネクタイを締めていますが、もう片方はネクタイを締めていません。見た目だけで判断した場合、あなたはどちらに「仕事を任せたい」と思うでしょうか。ほとんどの人が、ネクタイを締めている人を選択するでしょう。ネクタイを締めている人はネクタイを締めていない人よりも、

・ きちんとしていて、心の余裕がある
・ 相手に対する礼儀を大切にしている
・ ネクタイの選び方でその人の意思や特性が現れている

などと感じ、仕事に対する姿勢もビジネスファッションに対する姿勢と同じであろうと想像することでしょう。
 
女性はスーツ姿でもネクタイを締めないのが一般的なので、女性がネクタイを締めていなくても、上の男性2人ほどの印象の差はないでしょう。しかし、ネクタイを締めている男性と同じレベルの印象になるかと言えば、違います。ファッションは常に相手の目に入り潜在意識に働きかけるものなので、この差は放置できません。
 

ビジネススーツの男性と女性
ュエリーを身に着けることは、この差を埋める女性らしい方法の1つです。つくりが丁寧なジュエリーを身につければ、身に着けている人もそうであろうと連想します。ジュエリーに使われる素材は価値ある貴重なものばかりです。価値ある貴重なものを身に着け人に会うことは、相手はそれだけ価値ある貴重な存在という、相手への敬意を表現する方法の1つなのです(パブリックな場所での服装は、自分のためではなく相手のためのものです)。ジュエリーはネクタイと比べると、色のバリエーションでは劣りますがアイテムや形にバリエーションがありますので、より細やかにその人の意思や特性を表現できます。例えば、マネージャらしい落ち着いた雰囲気を出したいときは重厚でがっしりしたジュエリー、セールスパーソンが俊敏に見せたいときはシャープでクールなジュエリー、凛々しい顔のイメージをやわらげたいときは少し可憐でかわいいテイストがあるジュエリーを身に着けるなどです。
つてジュエリーは富=権力の象徴であったため、上質・上品といったプラスのイメージだけでなく、嫌味・威圧的といったマイナスのイメージを与えるリスクもあります。しかもジュエリーには時計のような機能性がないのでなくても困りません。だからこそ、ジュエリーのプラスのイメージのみ引き出すコーディネートが出来れば、その優れたバランス感覚はまさに「責任ある立場にふさわしいセンス」「その仕事にふさわしいセンス」として相手の深い印象に残るでしょう。
 
代のビジネスにおいて女性に期待されていることは、男性と同じフィールドに立ちながらも、女性ならではの視点・方法でビジネスを切り開くことです。男性がビジネスシーンでは身に着けることができないジュエリーのアイテムで、女性らしいスーツスタイルを作りあげてみませんか。
 
この投稿いかがでしたでしょうか?お気に召していただけましたら、下方にございますSNSボタンからシェア・いいね・フォローやコメントのご投稿をいただけますと大変うれしく思います。また、当ショップの Facebook ページでは、ビジネスシーンでのジュエリーコーディネートだけではなく、クーポンなどのお得な情報もあわせて掲載しております。画面最上部または最下部の [ ] のボタンから、是非、当ショップの Facebook ページをフォロー(いいね!)してください。
Another You は、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーを製作・販売しております。また、日本ジュエリー協会認定ジュエリーコーディネーター在籍店であり、様々な業界のお客様とのビジネス経験がございます。確かな知識と豊富なビジネス経験にもとづいて製作・販売している Another You のジュエリーを是非ご覧ください。
Another You の「特長」と「サービス」を見る

関連投稿

関連する投稿やこの他の投稿は上部の「BLOG」メニューなどからもご覧いただけます。
ビジネスシーンでジュエリーを身につける意味
ビジネスにおいてファッションが果たす役割とは
ビジネスシーンのジュエリーに必要なこと
他の投稿を見る

公開コメントはありません。

最初のコメント投稿者になっていただけませんか?

よろしければ、コメントをお願いいたします。

ご記入後「送信する」ボタンを押していただき、エラーが表示されなければご投稿完了です。コメントの公開まで少々お時間をください。