リング, ビジネスシーン

ネイルとジュエリーを戦略的に使い分ける

ネイルアート(ジェルネイル)が流行し、爪をきれいに整える女性が多くなりました。指先は自分からもよく見えるので、テンションが上がってうれしいという方が多いようです。街中では非常に個性的なネイルアートをしている方を見かけます。しかし、会社の代表としてお客様に接する機会の多い働く女性は、無色か薄いピンクや肌色に近いベージュなどの主張しない色にせざるを得ないケースが一般的ではないでしょうか。

ただ、自分で見て「テンションを上げる」というネイルアートのプラス面を全く捨ててしまうのももったいない気がします。手につけるジュエリー(指輪)は、見てテンションが上がるだけでなく、ネイルアートと比べて3つのメリットがあります。

ネイルした手のイメージ画像
つ目は、相手に与える印象です。ネイルアートは、女性が考える以上に男性の心証が良くないことに留意しましょう。ラインストーンがついたネイルはカジュアルな印象を与えがちですが、小さな(メレ)ダイヤモンドがついた指輪は上質さ・格などを感じさせます。同じようにきらめくものでも、ネイルと指輪では全く印象が違います。ビジネスシーンによりふさわしいのは、上質さ・格であるのは言うまでもありません。
つ目は、取り替えやすさです。社内での事務作業が終わってお客様を訪問するときなど、ジュエリーなら簡単に取り替えられ、自分自身の気分転換を図ったり、自分のイメージ演出を変えることができます。これは、ネイルアートではできないことです。
 
つ目は、維持管理のコストです。購入のコスト(時間・労力や費用)は確かにジュエリーの方がかかりますが、ネイルアートは定期的にお店であたらしくしてもらう必要があり、また爪に悪い影響がでないためのケアも必要など、維持管理コストはジュエリーよりかかると思います。自分の思い通りのタイミングで長い時間を確保しにくい働く女性にとって、ネイルアートの時間面でのコスト負担も大きいでしょう。
 
ちんとお手入れされたビジネスにふさわしいネイルは、細かいところまで気を配る丁寧な仕事を連想させ、非常に有効なアピールとなるでしょう。そこにジュエリーで1つ上をいく質の高さを加え、さらには相手に合わせて自分らしさの主張の仕方も変化させる。これが、働く女性の賢い戦略ではないでしょうか。
この投稿いかがでしたでしょうか?お気に召していただけましたら、下方にございますSNSボタンからシェア・いいね・フォローやコメントのご投稿をいただけますと大変うれしく思います。また、当ショップの Facebook ページでは、ビジネスシーンでのジュエリーコーディネートだけではなく、クーポンなどのお得な情報もあわせて掲載しております。画面最上部または最下部の [ ] のボタンから、是非、当ショップの Facebook ページをフォロー(いいね!)してください。
Another You は、ビジネスシーンにふさわしいジュエリーを製作・販売しております。また、日本ジュエリー協会認定ジュエリーコーディネーター在籍店であり、様々な業界のお客様とのビジネス経験がございます。確かな知識と豊富なビジネス経験にもとづいて製作・販売している Another You のジュエリーを是非ご覧ください。
Another You の「特長」と「サービス」を見る

関連投稿

関連する投稿やこの他の投稿は上部の「BLOG」メニューなどからもご覧いただけます。
太くて短い指の人がビジネスシーンでつけるべきリング
ビジネスシーンの指輪はどの指に
他の投稿を見る

Business Scene Jewelry | Another You

公開コメントはありません。

最初のコメント投稿者になっていただけませんか?

よろしければ、コメントをお願いいたします。

ご記入後「送信する」ボタンを押していただき、エラーが表示されなければご投稿完了です。コメントの公開まで少々お時間をください。